嵐・櫻井翔、木村拓哉に比べ「まだまだ」? 『夜会』共演で“ファン対応の違い”に反響



嵐・櫻井翔と有吉弘行が有名人の素顔や本音に迫るバラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)。豪華ゲストを招く「夜会フェス」第2弾が放送された1024日は、タレントの出川哲朗と、女優・土屋太鳳の姉で『ミス・ジャパン』の初代グランプリに輝いた土屋炎伽が登場。さらに、先週に引き続き木村拓哉と沢村一樹も登場した。


 先週は、木村拓哉との“初バラエティ共演”に緊張し、滝のように汗を流していた櫻井だったが、今週は沢村がメインの企画だったため、かなり落ち着いていた様子。「沢村一樹の俳優人生 表裏年表」のコーナーでは、沢村が21歳でスカウトされ、ファッション誌「MENS CLUB」(ハースト婦人画報社)でモデルデビューしたことが紹介された。


 一方で、木村はジャニーズ事務所に入るきっかけを「勝手に親戚が履歴書を送ってて」と明かし、実は「3回(オーディションを)バックレて。『来て!』って言われたんですけど、ホントに嫌いだったんで」と告白。木村の破天荒な過去を知り、櫻井は「えっ!?」と衝撃を受けていた。4回目の連絡を受けた木村は、履歴書を送った親戚から「やりたくてもやれない人がいるんだから、行け」と怒られ、オーディションへ行ったとのこと。


 当時、ジャニー喜多川氏を“外国人”だと勘違いしていた木村は、オーディションのために訪れたジャニーズ事務所で、ウロウロしていた“おじさん”を発見。「すみません、ジャニーさんってどの人ですか?」と聞いたところ、「僕だよ!」と怒られたエピソードも語っていた。


 その後は、沢村が「ずっと会いたかった人」として紹介した、元日本女子バレー選手の木村沙織がスタジオに登場。実は、妹・木村美里もスタジオに来ていると明かされたが、美里は木村拓哉のことが「人類で一番大好き」なんだとか。スタンバイしている時点で大号泣してしまい、なかなかカメラの前に現れない美里を、木村はスタジオ内にエスコート。沙織からの「一緒に写真を撮ってほしい」というお願いには、大号泣している美里を気遣って「あとでちゃんとね」「落ち着いたら、あとで撮ろう」と、優しさを見せた木村だった。


 その際、櫻井はというと、「じゃあ、携帯とか……スマホか?」と焦りながら木村姉妹を促していたが、すかさず「いやいや、今はほら、こうなっちゃったから……」と木村がツッコミ。櫻井は「そういうことですね!」と、膝を打っていた。


 この放送後、ネット上では木村・櫻井の対応の違いに注目する声が続出。「木村さん、女心がわかりすぎてる! 翔くんはまだまだですね~」「木村先輩がスマートだっただけに、翔くんのダサさが際立ってた(笑)」「ファンの方と『せっかくだからすぐにでも写真を撮ってあげたい』優しい翔くんも、ジェントル木村先輩も、どっちもカッコイイ!」など、さまざまな意見が寄せられていた。

(華山いの)


元ネタ

https://www.cyzowoman.com/2019/10/post_255549_1.html


翔くんは翔くんの良さがあるよ!!翔くんの非モテ感がいいって人もいるはず!

A1D7B9C0-ED3A-49D2-A4C9-7CF391EAB78C.jpeg

この記事へのコメント

[PR]