嫁候補をいつまでも「キープ」できる伝統が東北に実在!もしも選ばれなかった女は… エグすぎる男尊女卑の実態暴露




日本をはじめとする極東地域に広く生息する鳥類・モズは、その場では食べない昆虫や爬虫類といった餌を、手頃な木の枝に刺すことでキープするという「はやにえ」の行為を行うことで知られているが、こうした「はやにえ」のごとき行為を繰り返すのは、なにもモズばかりではないようだ。

 

「まあ、される側からすれば、生殺しもいいところだからね。問題がないかといえば、そうではないよな」

 

 かつて東北地方のとある地域で行われていたという、珍しい男女の恋愛スタイルについてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、現在も次男一家とともにニラ農家を営んでいる青山清十郎さん(仮名・87)。なんでも青山さんの話によれば、その昔、当地で暮らす男女たちの間では、将来的に結婚を検討するお相手候補を、実際に結婚するまでの間、いつまでも「キープ」し続けるという、なんとも不思議な習慣が存在していたのだという。

 

「男も女も、最後まで添い遂げる相手に出会う前にね、それなりに色恋沙汰を経験するもんだろう?要はね、そういう相手をね、結婚する相手の候補としてね、いつまでも飼い殺すという習慣なのよ」

 

 現代の世に暮らす多くの男女がそうであるように、当時も、実際に結婚するまでの間に、男女ともに、様々な恋愛を経験していたそうであるが、当地の場合は、男性が恋愛関係になった女性を「将来の嫁候補」として指名することで、いつまでも「キープ」できるという習慣が存在していたのだという。しかもその状態は、「キープ」した女性を男性が選び、結婚するか、男性がほかの女性と結婚するまで続き、その間、指名された女性はほかの男性と結婚することはおろか、恋愛することさえ許されなかったのだという。しかも男性側は実際に結婚するまでの間、複数の女性を「キープ」できることとなっていたため、圧倒的に女性側が不利となる習慣であったのだそうだ。

 

「そうね、何人もの女を抑えておいて、やがてはそういう女たちをほったらかしにして、別の新しい女を嫁にもらう男も結構いたもんだからね、いざ(「キープ」状態が解かれて)解禁となったときには、嫁のもらい手がないような歳になっちまう女も珍しくなかった。けれども、代々続く金持ちの家の跡取りなんかの場合は、運よく嫁に収まりさえすれば、一生食うに困らんわけだから、女の方もイチかバチかで、そういう男の言うがままにいつまでも待っていたもんだよ」


現代に比べ、いくらおおらかな時代であったとはいえ、重婚は許されていなかったことから、長年「キープ」状態に置かれながらも、結婚できずに、適齢期を過ぎた状態で「リリース」されることも珍しくなかったという当地の女性たち。草食系男子が増え、ややもすると、嫁となった女性に、男性が一生傅くことさえ珍しくなくなりつつある当世の感覚からすればにわかに信じ難い、極めて男尊女卑的な色彩の強い風習であるといえそうだ。


参考

https://tocana.jp/2019/10/post_118119_entry_2.html


マジでドン引きな風習ですね。今なら絶対にSNSで拡散されて炎上です。

3C4F4124-3755-4F1C-B451-3A4AAD2F7D92.jpeg

この記事へのコメント

[PR]