なにわ男子・高橋恭平、「ゴミがゴミ箱」「S極とS極」とラジオで“迷走”発言連発のワケ

24555FFF-CADB-422D-A523-AF980E789049.jpeg

 関西ジャニーズJr.のメンバーが週替わりでパーソナリティーを務めるラジオ番組『関西ジャニーズJr.のバリバリサウンド』(FM OH!85.1)。10月29日オンエア分は、関西ジャニーズJr.内ユニット「なにわ男子」の藤原丈一郎、大橋和也、高橋恭平が担当した。

 生放送では主に藤原が進行役となってきたが、事前収録となったこの放送は、珍しく大橋が進行を務めることに。早速、リスナーから募集したメールのテーマは「ハロウィン」ということで、寄せられたエピソードを紹介する3人。その中で、ハロウィンパーティーで同じアニメのコスプレをしていたことがきっかけで、付き合うようになったというメールがあると、大橋は「めっちゃええやん~!」と大興奮。

 続けて、「やっぱ運命よな……運命って、必然って感じ?」と、低いトーンで格好をつけて発言するも、「“キラーワード感”で言うのやめてくれへん?」(藤原)「ハンバーガーの間に具が詰まってない感じ」(高橋)と2人からツッコまれてしまった。

 すると、高橋の「ハンバーガー」コメントに藤原が反応。「おっ! 恭平“たとえて”ますね!」と食い付き、「進歩したと思う! 恭平、ツッコミじゃなくて“たとえツッコミ”ができるようになった」と高橋の成長を称賛。褒められた高橋は、「たとえツッコミ(キャラ)でいきたいと思います!」と宣言したのだった。

 その後、進行役であるはずの大橋が、話題を2人に投げっぱなしで機能しない状態に。すると、「いろいろパス出してくれるんはいいんやけど、全部俺らに届いてない!」と藤原がツッコんだのに続いて、「ゴミがゴミ箱に入ってない感じ!」とたとえツッコミをお見舞いした高橋。しかし、こちらはあまり2人に響いてないよう。

 さらに「(大橋は)話がどんどんズレていく」と藤原がクレームを言ったのに続いて、めげない高橋は「大橋くんと丈くんって、S極とS極で絶対に合わないって感じっすよね!」と、たとえツッコミを披露。宣言通り、この日は迷走とも言える、たとえツッコミキャラで突っ走ったのだった。

 放送を聞いていたリスナーからは「恭平くんのツッコミ、めっちゃ好き(笑)」「たとえツッコミ上手!」といった感想が寄せられた。
(アズマミサト)

ツッコミ上手は好感ですよね!


参考
サイゾーウーマン
https://www.cyzowoman.com/2019/10/post_256132_1.html

この記事へのコメント

[PR]