チュート徳井、2億円マンション報道の裏に「吉本興業と数年来の因縁」が発覚



チュートリアルの徳井義実の税金の申告漏れ騒動だが、各メディアの取材合戦が熱を帯びている。そんな中でも特に力が入っているといわれているのが「女性セブン」(小学館)。その裏には徳井、吉本興業との数年来の因縁があるという。

「『女性セブン』は2016年に徳井に隠し子がいると思わせるような記事を掲載し、吉本からのクレームをうけ謝罪に追い込まれた過去があります。またその際対応にあたった吉本の広報担当とも、その後ひと悶着がありました。それだけに今回の騒動はひと泡吹かすいいチャンスということで気合が入っているようです』(週刊誌記者)



確かに徳井が所得隠しの裏で、今年に入り約2億円ともいわれるマンションを購入していたことをいち早く報じたのは小学館のニュースサイト「NEWSポストセブン」だった。所得隠しを東京国税局から指摘されたきっかけのひとつに、そのマンション購入の事実があったともいわれているだけに、スクープといえよう。実際各メディアも後追いするように、マンションついて取材を進めることになった。

『騒動が発覚した際『女性セブン』は合併号の締め切りを過ぎていたこともあり、現場は稼働していませんでした。しかし徳井ネタということで、これまでのデータをもとに追加取材をし、『ポストセブン』にアップしました。『隠し子記事』の後も定期的に取材を続けていたこともあり、他誌が知らなかったマンション購入の事実も掴んでいました。徳井の会見後に吉本興業が発表した『所得税の無申告を繰り返していた』という事実と合わせ、それまでどこか大目に見ていた徳井に対する世間の印象を一変させました。編集部としては「してやったり」とほくそ笑んでいることでしょう。第二弾もスクープネタを仕込んでいるという噂もあります」(前出の記者)

 次号の内容にも注目が集まりそうだ。


この事件はまだまだ深い真相がありそうですね。


参考

日刊サイゾー

https://www.cyzo.com/2019/11/post_220961_entry.html

chutorial400[1].png

この記事へのコメント

[PR]