NEWS・加藤シゲアキ、「友だちいなくなった」と告白……メンバーに明かしたその理由



NEWS・小山慶一郎がパーソナリティを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)が115日に放送され、メンバーの加藤シゲアキがゲストとして登場。来月12月放送予定のスペシャルドラマ『悪魔の手毬唄』(フジテレビ系)で、主役の金田一耕助を演じる加藤は、撮影が始まって忙しい毎日だという。


 さっそく、都内から往復6時間もかかる場所で2日間撮影があり、移動距離は800キロにも及んだという。これには移動車を運転していたマネジャーも、「一生分の運転した」と漏らしていたとか。そんな撮影秘話が語られる中、リスナーから「私は布団に入ってから1時間たっていた、ということがよくあります。効率のいい睡眠を求められるNEWSのみなさん、何かすぐに寝られる方法はありますか?」という相談が寄せられた。 

 ドラマ撮影中は疲れているため、何もせずとも眠れるという加藤。一方、小説の執筆で忙しい時期などは、ジムへ行って体を動かさないと眠気がこないという。「次の日が休みだと『寝なくてよくね?』って思ってるし、眠くなるまで起きてる」といい、予定によっては睡眠をとらないこともあるようだ。そして、リスナーに向けて「難しい本を読むと眠くなる」とアドバイスを送った。


 対する小山は、眠くなる方法として「すっごい難しい海外ドラマを見る」と提案。実際、小山は海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』を見ているらしく、加藤から送られてきた“人物相関図”を片手に観賞しているそう。小山いわく、ドラマの内容が難しすぎて、見始めてから20分ほどで飽き、「寝ようかな?」という気になるのだとか。

 ちなみに『ゲーム・オブ・スローンズ』とは、七つの王家が覇権をめぐって“王座取りゲーム”を行う様子を壮大なスケールで描いた物語で、第一章から第八章まである。加藤は「とっくに」全話見終えているというが、小山は「今、5話くらい」と全然進んでいないことを告白。忙しい時間の合間を縫ってドラマを見ている加藤のことを、「時間の使い方が天才なんだろうね」と称賛。


 しかし加藤は、「友だちいないからね」と自虐で返す。「やめてよ、悲しい話じゃない! 忙しいからね、今」「友だちいるじゃない、たくさん」と慌ててフォローする小山だったが、加藤は「(友だち)いないのよ。いなくなっちゃった、友だち。忙しくしてたら」と嘆き。とはいえ、加藤がドラマの人物相関図を小山に送るなど、2人の“仲の良さ”はうかがえた。


 この放送にファンからは、「加藤さん、『友だちいなくなっちゃった』って……目の前にいるでしょ?」「慶ちゃんはシゲの友だちでありメンバーでしょ!? 落ち込まないで~!」「慶ちゃんに海外ドラマの相関図を送るシゲ。想像するだけでニヤける」との声が寄せられていた。

(華山いの)


友だちはいっぱいいそうですけどね。


参考

サイゾーウーマン

https://www.cyzowoman.com/2019/11/post_256994.html

51121BA0-DE9F-4D94-AF0A-4A10871B9ADF.jpeg

この記事へのコメント

[PR]