きゃりーが告白した元カレとの収入格差「やっぱりうまくいかない」すぐ別れた元恋人の正体



あらためて、その恋愛遍歴がクローズアップされている。

 歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが、115日に放送されたラジオ番組『きゃりーぱみゅぱみゅのなんとかぱんぱんラジオ』(JFN系列FM全国ネット)にて、過去の恋人との“収入格差”について語った。


「リスナーから収入格差を気にするかと聞かれたきゃりーは、自身の経験談を披露。『(交際する)男の人のほうが収入がなかったりすると、私は普通に、移動の時に電車よりタクシーのほう使ったりするし、ごはんも人から教えてもらった個室のお店に行ったりするんですけど、どっちの生活基準に合わせるか、とかあって。やっぱりね、うまくいかないんですよね』と語り、相手のほうがその状態に嫌気して別れたことを明かしました」

 きゃりーは恋多き女として知られ、過去に熱愛をすっぱ抜かれたことも多かった。そのためネット上ではこの“格差彼氏”探しが始まることに。

「きゃりーの交際相手といえば、真っ先に思い出されるのが、SEKAI NO OWARIFukaseです。2012年夏から15年頃まで交際していたとされる2人は、その間、電車移動している姿がたびたび週刊誌に激写されていました。しかし、当時のFukaseはきゃりー以上の稼ぎがあったはず。免許を持っておらず、遠出の時はメンバーの運転か電車を使っていましたら、彼ではないでしょう」(芸能記者)

 次いで名前が挙がったのは、モデル時代に交際していた“ゴンゴン”こと鈴木勤。

2人は10年に破局したとされ、その理由についてはテレビ出演した際、自身の浮気だったことを明かしており、お相手は当時のAKB48メンバーだったと噂されました。しかし、きゃりーがブレイクしたのは、12年にメジャーデビューしてから。当時の彼女は、格差がつくほどの収入はなかったはずです」(女性誌記者)

 そんななか、有力視されているのが、小谷昌太郎というモデルだ。

「きゃりーより6歳年上の小谷は、11年に『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』(フジテレビ系)に出演。12年にきゃりーとの半同棲が報じられ、イベントでは交際についての質問が相次ぎました。しかし、ほどなくFukaseとの交際が始まっていることから、“格差彼氏”の可能性はかなり高いのではないでしょうか」(前出・女性誌記者)

 ほかにもNEWS・手越祐也との浮名を流したこともあったきゃりーだが、小谷との経験を経て、“付き合うなら売れっ子芸能人”との恋愛観が養われたのかもしれない。


きゃりーちゃんは恋多き女なんですね。


参考

サイゾー

https://www.cyzo.com/2019/11/post_221195_entry.html

44B8B19D-B81A-4842-BB68-C75773EF1A71.jpeg

この記事へのコメント

[PR]