「保育士が1年で5人退職」「子どもが情緒不安定に」ママ友LINEを騒がせた、保育園の一大事



今や日常生活において、かかせないツールとなっているコミュニケーションアプリ「LINE」。かつては子どもの送迎時に、ママたちが立ち話をしているような光景が見かけられたが、時間に追われ忙しく過ごす共働き世帯が増えた今、ママたちのコミュニケーションの場は、LINEのグループチャットになっているという。そんな、ママたちの「グループチャット」から浮き彫りになった、彼女たちの悩みや、苦悩、気になる話題を覗いてみる。



新聞やニュースなどでたびたび取りざたされている「保育士不足問題」。シフト制のため自由に休みが取りづらく、残業や持ち帰りの作業も多いといい、離職率が高いのだそうだ。一方で、保育士の相次ぐ退職は「不都合ばかりが生じる」と、子どもを預ける側のママの悩みの種にもなっているという。

 奈々子さん(仮名)は、2歳になる女児を都内にある認可保育園に通わせている。この保育園は、1年前に認証から認可に移行した園だという。

「認可に移行したものの、基本的には、0歳児クラスからのお友達と一緒にそのまま園に残ることができました。ただ、保育士さんの入れ替わりが激しく、動揺しています……

 彼女は、それまで見てもらっていた保育士にも残ってもらいたかったが、さまざまな理由で退職していったと語る。

「認証では、入園にあたり、保育園と保護者が直接契約を結ぶため、園長が入園希望の子どもと保護者を、一人ひとり面接していたんです。しかし、認可になると、直接契約ではなくなるので、これまであまり園にはいなかったような……例えば、すぐ手が出てしまうような気性の荒い子どもなども入園してきて、保育士さんが対応に困るようになったみたいで。また、保育士さん1人で見なければいけない子どもの数が増えたため、それが負担になったのか、退職者が続出してしまいました」

 同園のママ友とのグループチャットは、一時期その話題で持ちきりだったという。

「認可に移行して1カ月で1名、3カ月でまた1名と、1年で5名も保育士さんが辞めていきましたね。うちのクラスの担任を持っていた20代の保育士さんも急に辞めてしまって、ママ友とのチャットは大騒ぎに。結局、ほかのクラスを受け持っていたベテラン女性保育士が、代わりに担任になったのですが、副担任が男性保育士さんだとわかると、またチャットがザワつきました。2歳児はまだおむつ替えの必要があり、またトイレトレーニングの真っ最中なので、『男性保育士にちょっと抵抗を感じる』『低年齢クラスを受け持つとは思わなかったね』と、漏らすママが出てきたんです。園や本人に対しては言えないので、チャットで気持ちを共有していました」

 また、奈々子さんの娘と同じクラスの男児の中には、早生まれのため、自分の気持ちを言葉で表すのがまだうまくできないという子もいたという。彼は、急な担任の変更に戸惑い、毎朝「登園拒否」を繰り返しているそうだ。

「朝になって、子どもを自転車に乗せようとすると『いやー、いやだ』と泣いてぐずるそうです。その子は、指をしゃぶる癖がまだ抜けなかったといいますが、よく見ると爪を噛んでいて、爪がズタボロになっていたとも聞きました」

 ママ友から、「息子がぐずっているのだけれど、どうしよう」というような相談メッセージがたまに送られてくると、奈々子さんは言う。

「また年内に1人保育士を辞めそうなんですよね……。子どもの中には、保育士さんを『もう一人のお母さん』のようにとらえてる子もいます。そんな子にとって、慕っていた保育士さんが突然いなくなるというのは、大きなストレスになるのでは。『担任が変わった』という事情をうまく飲み込めず、じっと椅子に座っていられなくなったり、大声を出すようになったり、情緒が不安定になる子も実際にいるんですよ。年齢が上がれば、そういう傾向はなくなるかもしれないのですが、まずは保育士を辞めない職場環境を作ってもらいたいです」



二度目の保活、ポータルサイト情報に翻弄される日々


 都内で2歳になる男児を育児中の満里奈さん(仮名)は、子どもを「家庭的保育事業」と呼ばれる、「保育者一人につき子どもが3人まで」という小規模な保育所に預けている。3歳の誕生日を迎える年には退園しなければならないため、現在は二度目の保活中だという。

0歳児の時には、希望した園に入れなかったのですが、小規模保育所に空きが出て繰り上げで入園できました。『とりあえず、2歳になったらまた探せばいいや……』と思っていたのですが、小規模保育所の保育者の方がすごく面倒見がよかったので、大型保育園に預けるのが怖くなってきているんです」

 同じように小規模保育所に通っているママ友や、認証から認可保育園への転園を希望しているママ友と、チャットで「満2歳児向けの保活情報」を交換しているそうだ。

「ママ友から、東京都が提供している子育て施設のポータルサイト『こぽる』を教えてもらいました。そこで保育園情報の詳細を見られるのですが、保育士や嘱託医などの平均勤続年数も閲覧できるんです。例えば『保育士:5年』と記入されている園もあれば、『主任保育士』なのに平均勤続年数が『1年』だったり、はたまたまったくの空欄だったりと、かなりバラバラ……。『勤続年数が空欄の園には希望を出さない!』というママ友もいるので、どこの園にしようか迷っています」

 事前に、園の見学を受け入れている施設もあるが、保育士の勤続年数や「入れ替わりが激しいかどうか」はわからない。このような情報開示は、選ぶ側の保護者にとって、「安心して子どもを預けることができる園なのかどうか」の参考になると言える。

「保育園の前を通ると、保育士を募集しているかどうか確認するようになりました。いつも募集中の園だと、せっかく入園させても、すぐに先生が変わるのかなと気になりますね。それをママ友とチャットで情報交換するようにしています」


幼稚園教諭が急な欠勤連発――その理由は


 保育園の保育士よりは、入れ替わりが少ないといわれる幼稚園教諭。しかし、女性ならではの理由で急な担任の変更もあるという。

 都内で5歳になる男児を育児中の十和子さん(仮名)は、地元の寺院が運営している幼稚園に子どもを通わせている。古くから開園している歴史ある園で、先生たちの年齢層も高く、落ち着いた雰囲気が気に入っていたそうだ。

「年中クラスの副担だった20代の女性が、今年持ち上がりで年長の担任を持つことになって、子どもも喜んでいたんです。しかし、春頃から急な欠勤が目立つようになり、ママ友の間でも『体調不良かな』と話題になっていました。すると、すぐに担任から副担になり、最後は補助という形になって週に数回ほどの勤務になったのですが、どうも妊娠したようだったんです」

 ママたちとのグループチャットでは、先生の休みがちになった当初、「体調不良だとしても、ちょっと無責任じゃない?」などと苦言を呈する人もいたという。

「でもその後、妊娠だとわかると、チャットも穏やかな雰囲気になりました。理由がわからないうちに、先生や園を責めるような内容は送らないようにしようって思いましたね。LINEだと、表では言えない本音を、つい漏らしちゃうこともあるから……

 保育園で働く側にも事情があるとは理解しているものの、担任の交代や保育士の退職は、預ける側にとっては不安のもととも言える。入園前に保育園の内部情報がわかるような仕組みや、保育士が働きやすい環境づくりを実現してほしいものだが……

(池守りぜね)


待機児童問題の根幹は保育士さんの労働環境改善なんですね。


参考

サイゾーウーマン


https://www.cyzowoman.com/2019/11/post_257166_1.html

EF7BC5FC-97EC-472A-804D-63F3666A247E.jpeg

この記事へのコメント

[PR]