娘に“処女膜”検査強制で大炎上! ラッパー・T.I.、トーク番組で釈明もさらなる反感

スクリーンショット 2019-11-29 6.48.19.png

 11月上旬に出演したポッドキャスト番組で「18歳になった長女デジャを毎年婦人科に連れて行き、処女膜検査に同意のサインをさせている」と明かし、世間からの猛バッシングを浴びているラッパーのT.I.(既報)。デジャはT.I.にとって第三子で、R&B歌手ミス・ニコとの間に作った子。娘との関係に自信を持っていたT.I.だが、デジャは処女膜検査についてバラされた後、Twitterの「拒否すべき! あなたの人生なのよ!」「毒親の呪縛から逃れて!」といった意見に「いいね」を押し、「みんな愛してる!!」とツイート。その後、T.I.のインスタグラムをアンフォローするなど、父親に反発するような態度を見せている。

 一方、2010年にT.I.と結婚したR&B歌手タイニーは、自身のインスタグラムのコメント欄に書き込まれた「デジャは大丈夫なの? みんな心配してるのよ」という質問に、あきれ顔の絵文字を返し、「自分の産んだ子じゃなくても同じ女性として守ってあげなよ!」「最低な継母」と非難を受けた。

 デジャには嫌われ、妻もバッシングされてしまい、T.I.は一体どのようにこの騒動を収めるのか……。世間が注目する中、T.I.は女優ジェイダ・ピンケット・スミスのトーク番組『Red Table Talk』に出演。「自分はただ娘を守りたいだけ」だと改めて主張したのだ。

 25日にFacebookで配信がスタートとなった『Red Table Talk』は、撮影が行われるジェイダ邸に到着したT.I.とタイニーを、ジェイダと夫のウィル・スミスらが迎えるところからスタート。ウィルはT.I.とがっちり握手・ハグをして「がんばれよ!」と励まし、トークには参加せず、そそくさと去っていった。

 番組ではまず、♯MeToo運動創始者タラナ・バークによる今回の騒動についての「“娘の処女膜を守る父親が良い父親だ”と多くの男性が思い込んでいるのが問題」「娘を守るための『教育』と『支配』は違う」といったコメントを紹介。T.I.は自身の発言について、「話を盛って大げさに語ったら、多くの人が言葉通りに受け取ってしまった」と説明。

それでも娘には「処女でいてほしい」

 「みんな、あなたがどんな人かを知らないのよ! というか、どれだけ繊細な話をしているのか理解してなかったの?」とあきれるジェイダに、「理解してなかったんだよ。今はしてるけど」とうなずき、「処女膜検査に立ち会い、一部始終を見ていたように思われているけど、そんなことは言っていないし事実ではない」「(デジャが)18歳になった今も、検査をやっているとは言っていない」「デジャの母親に相談せず、オレ一人でやったようにも思われているが違う。デジャの母親も一緒だった」と誤解を訂正。横に座っているタイニーも、「そもそも婦人科健診の予約を入れたのも彼じゃないのよ」と擁護した。

 T.I.は「娘とこの話(検査を受けること)をするのは簡単ではなかった」「それについては心から謝罪するよ、デジャ」「でも娘は自分の意図を理解してくれている。オレがどんな人間だか、わかっているしね」「外野が騒いでいるのは気にはなるよ。(デジャは)混乱するし傷つくし、恥ずかしいだろう」と娘の気持ちを察し、タイニーも「デジャはおとなしいタイプだしね」と、ネットで大騒動となり、傷ついているデジャに同情した。

 これに対してジェイダは、「あなたが父親として娘を守りたいと思うことは誰も問題視してないのよ。娘の処女膜に口を出し、支配しようとすることが問題なのよ」「私は、娘に性教育をするのは母親の役目だと思っている。娘のセクシュアリティを理解し、正しい道に導くのも母親の仕事だと思う。ウィルにもそう言っている。『あなたは娘のことを愛してればいいから。性教育は私がするから』って」と持論を展開し、「教育するのはいいけど、支配しようとするのはよくないわ」と苦言を呈した。

 T.I.は、どれだけ多くの男が若い女性の体を狙っているか、嫌というほど知っているからこそ娘を守りたいのだと主張。「娘だけでなく子どもたち全員が、精神的・金銭的に責任を持てるようになるまで、人生を大きく変えるかもしれない行為をしないように守りたいと思っている」「SNSの影響で、愛や美、人生、セックスへの理解があいまいになっている。父親として、それをきちんと教えてやりたい」と熱弁。「私は処女であることが重要だとは思わない」というジェイダに、「でも(処女膜を失う)行為から起こり得ることが問題なんだよ」と反論し、「愛とかそんなの関係なくヤリたがる」男たちから娘を守りたいと明かした。

「もし検査を受けた16歳の時、デジャが処女でないと判明していたら?」
「避妊についてしっかり教育し、これからきちんと計画できる人間にならなきゃいけないと教えただろう」
「息子の童貞喪失には、あまり関心がないように感じるけれど?」
「もし娘がセックスをして妊娠したら、待ったなしでいろんなことが変わる。でも息子が誰かを妊娠させたら、9カ月間の(気持ちや変化に対する)準備期間がある」

デジャの母は嫌味をさく裂

 これに対してジェイダは、ウィルも女性の体や性について一線を越える失言が多いと明かし、「私と(娘の)ウィロウが、彼に言っていいことと悪いことを教えている」「生理のことをジョークにし、『PMS(月経前症候群)なんじゃね?』とか平気で言うのよね。ウィロウから『それ、絶対に言わないこと!』と、きつく叱られてるけど」と笑った。

 そして、“人は学びながら成長する”をモットーにしているT.I.の、「今回の件は自分にとって学び、成長するよい機会だった」という言葉で番組は締めくくられた。

 番組ではT.I.の説明にジェイダは納得した様子だったが、ネット上の反応を見ると「自分の主張をまったく曲げない。全然学んでないし、成長してないじゃん!」などと、改めてT.I.の姿勢に疑問を持つ人が多いよう。Twitterには、「ジェイダが彼の身勝手な思考を叩き潰してくれることを期待していたのに、がっかり」「どれだけ所有欲が強い男なのかがわかった」「タイニーも夫の言いなりだね」などのコメントが飛び交い、大炎上している。

 また、デジャの母がインスタグラムのストーリーに、「ナルシシズムだわ」と投稿。『Red Table Talk』で「いかに娘を思う父親なのか」を力説したT.I.を「とことんナルシストな男」と言いたかったのだとみられている。

 世間のバッシングは増すばかりで収拾がつかない状態になっているが、これまで犯罪絡みの修羅場をいくつもくぐり抜けてきたT.I.は今回の騒動をあまり気にかけていないよう。父親として娘に良いことをしたという彼の思い込みは、誰にも変えられないようである。

 ちなみに次回の『Red Table Talk』では、離婚の危機もあったと伝えられているタイニーとの結婚生活や、T.I.の浮気疑惑がテーマ。T.I.にとっては、娘の処女膜騒動を語るよりも居心地の悪いエピソードとなりそうで、こちらも注目されている。



参考
サイゾーウーマン
https://www.cyzowoman.com/2019/11/post_259672_1.html

恐ろしくバッシングを受けそうなことばかりしていますね。

この記事へのコメント

[PR]