『バチェラー・ジャパン』ヤラセ報道の裏側で……女性出演者が「責任取れ」と制作側にクレーム!?

スクリーンショット 2019-11-29 7.04.37.png

“リアル婚活サバイバル”を謳う恋愛リアリティー番組『バチェラー・ジャパン』(Amazon Prime Video)に、ヤラセ疑惑が浮上した。11月28日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、複数の出演者や番組関係者の証言を元に、さまざまな“演出”があったと報道。制作側は現在、頭を抱える状況に陥っているという。

 完ぺきな独身男性(バチェラー)をめぐり、美女たちが激しい奪い合いを展開する『バチェラー・ジャパン』。三代目のバチェラーとなった友永真也氏は、最終話で選んだ女性と即座に破局し、別の参加女性と交際を始めたことを番組の特別編で告白、ネット上で大炎上を巻き起こしていたが……。

「『文春』によると、友永氏の言動には筋書きが存在し、参加女性同士のいがみ合いも“演出”だったとか。さらには友永氏が番組内で選んだ女性は『制作側の意図』によるものだったといい、複数のヤラセがあったと伝えられています。『リアル』や『ドキュメンタリー』を前面に打ち出している以上、これが全て事実とすれば、視聴者を完全に裏切ったと言えるでしょう」(芸能ライター)

 しかし、ネット上では「もともとヤラセだと思ってた」「ヤラセ込みで楽しむものでは」と、冷めた反応を示す者も少なくない。

「そもそも地上波のバラエティーとは違い、Amazon制作の番組は、そう簡単に潰れるものではありません。出演者が不祥事などで活動休止になっても、収録済みのものに関しては基本ノーカットで放送されるし、視聴者のニーズがあるうちは、今後も『バチェラー』の制作は続いていくことでしょう」(制作会社関係者)

 むしろ、今回の報道で制作側が最も恐れているのは、一部の女性出演者たちが“ブチ切れ”ていることなのだとか。

「ギャルタレントのゆきぽよこと木村有希をはじめ、『バチェラー』出演を機に、人気タレントに出世する者も存在しています。シーズン3の出演者の中にも、今後タレントやインフルエンサーとしての活動を視野に入れている者が多いといいますが、今回の報道により、『ヤラセ加担者』といったレッテルを貼られることが怖いのか、制作側に『どう責任を取ってくれるんだ!』と、クレームが入れている人たちがいるそうなのです」(同)

 『バチェラー』公式サイトでは、次期以降の出演者を募っている。果たしてシーズン4は、何事もなかったかのように放送されるのだろうか。


参考
サイゾーウーマン
https://www.cyzowoman.com/2019/11/post_259745_1.html

シーズン4は平和に盛り上がってほしいですね。

この記事へのコメント

[PR]