【暴走!?】NEWS・手越祐也、ラジオ番組で問題発言!?こんなに荒れている意外な理由とは?

スクリーンショット 2019-12-27 5.53.12.png

NEWS・手越祐也くんのラジオ収録からの記事です。盛り上がっていますね!


 NEWS・小山慶一郎がパーソナリティを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)。12月24日の放送には、増田貴久、加藤シゲアキ、手越祐也とNEWSメンバー全員がゲスト出演し、年内最後の放送を盛り上げた。

 この日、リスナーから「ぜひみなさんに決めていただきたいことがあります。それは“個人的な流行語”です」とメッセージが届き、小山は「世間的には“タピる”(がはやった)。ご存じですね?」とメンバーに確認。これは「タピオカドリンクを飲む」の意味だが、手越は「タピる? “タップする”ってこと?」と知らないよう。小山に「それ“タプる”じゃん」とツッコミまれて「ホントだ!」と気がつく手越だった。

 その後、別のリスナーからも「今年の『ギャル流行語大賞』が発表されました。ランクインしてそうな言葉や意味を予想し合ってください。ちなみに『ぴえん』は第2位です」というメッセージが届き、メンバー全員で挑戦してみることに。

 しかし、ここでも手越が「やべえ、知らねえ……」と困惑。第9位にランクインした「きょコ」の意味については、加藤が「今日この頃」、手越が「今日の献立」と答えるも、二人そろって不正解。小山からのヒントをもらって「今日のコーディネート」と正解を導き出した手越だったが、なんでも略してしまうギャル語に対し、「超だりい!」と暴言を吐いていた。

 その後、第2位の「ぴえん」について「かわいく泣く」と意味が明かされたものの、増田は「ごめんなさい、そんなに興味の方が(ない)……」とバッサリ。その後も、第3位の「わかりみが深い」について「『よくわかる』を強調した言葉」だと小山が説明すると、手越はまた「『よくわかった』でいいじゃん!?」と猛反論。

 いよいよ第1位を当てることになり、“K”から始まるアルファベット2文字だとヒントが出されるも、「QR」「WK」「JK」「IG」「AG」とそれぞれ自由に回答。もちろんすべて不正解で、ようやく手越が「KP(乾杯)」と正解すると、増田は「手越、結構ギャル語好きなんじゃない?」と疑惑の眼差し。「好きじゃないよ! 一番嫌いだよ!」と全力で否定した手越だった。

 この放送にファンからは、「今日の放送面白すぎ! 30代男子にギャル語は無理だったか(笑)」「めっちゃ楽しくてあっという間に終わっちゃった~! NEWSが普通におじさんでなんかうれしい(笑)」「楽屋でしゃべってるみたいなラジオ最高! あと5時間は聞ける!」といった声が集まっていた。

この記事へのコメント

[PR]