【噂の真相】木村文乃がクリスマスに電撃離婚したワケとは?舞台指導の旦那と二年六ヶ月で破局、事務所も認める。

22EE0CA9-40F6-43BA-A532-E6897D30A60B.jpeg
木村文乃さんの突然の離婚発表。クリスマスなのに悲しいニュース。その真相に迫ります。

今年も複数のドラマや映画に出演し、来年1月スタートのNHK大河ドラマ『麒麟がくる』への出演も決まっている人気女優・木村文乃さん(きむら・ふみの 32歳)が、結婚からわずか2年半で夫とスピード離婚していたことが明らかになりました。

これは週刊誌『週刊文春』の取材で判明したもので、記事では事務所関係者が木村文乃さんの離婚について、「木村さんとAさんが離婚したのは2019年4月頃です。結婚から2年半でのスピード離婚だったので驚きました。」と明かしています。

木村文乃さんは2016年11月に、かねてから交際していたアラフォーの演技講師Aさんとの結婚を発表し、スポーツ紙が当時報じた記事によれば、木村さんは約5年前からAさんから演技指導を受け、2~3年ほど前から本格的な交際に発展したそうです。

Aさんは、木村文乃さんが所属する芸能事務所『トライストーン・エンタテイメント』が運営する俳優養成校『トライストーン・アクティングラボ』で講師をしている方で、『週刊文春』によるとイケメンで、過去には俳優や脚本家としても活動していた経歴を持ち、J-WAVEで放送のラジオ番組で映画コメンテーターを務めていたことがあるほど話し上手といいます。

明るくて気さくな性格をしていることもあって、レッスン後には養成所前で生徒たちと楽しげに話し込む姿がよく目撃されているとのことです。

そんなAさんと木村文乃さんはなぜ結婚から2年半で離婚してしまったのか、その理由が気になるところですが、木村文乃さんは事務所の社長に「性格の不一致です」と笑顔で答えていたそうです。

一方で芸能プロダクション関係者は2人の離婚理由について、「本当の原因は、2人の時間を取ることができずにすれ違いが続いたことです。木村さんは大の料理好きで、家族の時間を大切にしたいタイプ。しかし2人とも多忙で、結婚後にゆっくりと食卓を囲む時間はほとんどありませんでした。次第に夫婦間に溝ができてしまった。離婚を切り出したのは木村さんの方からだったそうです。男女のトラブルがあったわけではない。今まで離婚が公表されなかったのも、メディアに取材されることで『お互いを傷つける必要はない』と夫婦間で話し合った結果のようです」と語っています。

そして、『週刊文春』は12月22日にAさんに直撃取材を敢行し、木村文乃さんとの離婚について聞くと、「いやちょっとそれについては喋れないんで」と話し、いつ離婚したのかとの問いにも「それも喋れないです、すみません」と回答を得られなかったとしています。

また、『トライストーン・エンタテイメント』は取材に対して、「離婚したのは事実です。演技に関わる者同士、お互いのこだわりを突き詰めた結果の決断だったようです。木村もA氏も、今は仕事に邁進しています」と離婚を認めたとのことです。

木村文乃さんは女優として波に乗っているタイミングで突然結婚を発表し、男性ファンからは嘆く声が多く上がり、タレント・武井壮さんもツイッター上で「木村文乃ちゃんが結婚してしまった。。文ロスや。。。」と投稿していました。

それからたった2年半で離婚していたことが判明し、これもまた驚きましたが、木村文乃さんは結婚後も仕事のペースを落とすことなく毎年様々な作品に出演しており、昨年と今年合わせて10本以上のドラマや映画に出演するなど、非常に多忙な状態が続いていたことから、すれ違いなどで離婚となってしまったのも納得できます。

子供はいなかったものの離婚による多少のイメージダウンは避けられず、今後出演CMの減少など仕事にも影響が及ぶのではないかと思いますが、現在も女優としては高い人気を得ていることから、女優業にはそれほど大きな影響はないのかもしれません。

そんな木村文乃さんは来年放送の『麒麟がくる』に出演し、主人公・明智光秀の正妻・煕子に起用されており、今後さらに女優業に力を注いで活躍する姿を見せてほしいです。

この記事へのコメント

[PR]